賃貸管理をスマートにするコツ|人手不足も解消

部屋

大家側に複数のメリット

欧米に次いで日本でもリロケーションが選ばれ始めている理由としては、空き家を活かした定期的な賃料の収入が望める点、契約満了後は再び自宅に住める点が挙げられます。また管理会社が間に入ってクレーム処理などをしてくれる点や、防犯上の安心感もリロケーションが選ばれる理由です。

紙幣

家賃の債務不履行への対応

オーナーが信用して物件を貸せるようにするために連帯保証人を立てるのが一般的ですが、家賃債務保証を利用すると家賃に関連する債務不履行に対して保証を得られます。他の内容については会社ごとに異なるので確認が必要であり、免責期間が定められている点にも注意しましょう。

人口減少による不動産価値

賃貸物件

実は・・・

皆さんは不動産経営に興味がありますでしょうか。これからの時代は人口減少により不動産の価値が下がるので不動産経営は難しいと思っている方々も多いと思いますが実は違います。マンション等の不動産は社会インフラという側面があり、人口が減少していても需要はありますし、人口減少はしますが不動産の入居数に関わる世帯数は人口ほど減らないのでそれほど不動産の価値は下がりません。そこで不動産経営に大切な賃貸管理について紹介します。まず、賃貸管理とは何をするかと言えば入居者管理や建物内の点検、契約の更新等の不動産運営のほぼすべての業務をします。当然これらの業務を不動産経営者が一人でやることは不可能ですので、一般的には賃貸管理の会社と協力してこれらの業務を行っていきます。ここで大切となってくるのはどのような会社をパートナーとして協力して業務を行うかです。賃貸管理の会社は様々な物がありますがその中でも資金繰りが怪しいところや、今にもつぶれてしまいそうな会社は当然ながら選ばない方がいいです。しかし、不動産経営を始めたばかりで、経験が浅い人はどこを選ぶべきではないのかわからない人も多いと思います。そういう方々に一番はじめに見てほしいのが自己資本比率です。自己資本比率とは自分の持っていて返済不要な財産がどの程度あるかという指標です。これが40パーセントを超えていれば倒産はしないと言われているので参考にしてみてください。また、口コミ情報をみて業界では、どのような評判なのか確認してみるのも良いでしょう。