賃貸管理をスマートにするコツ|人手不足も解消

大家側に複数のメリット

部屋

定期的な賃料収入も魅力

転勤など何らかの理由で不在になる自宅を一定期間だけ賃貸物件として出す物件管理方法がリロケーションです。元々欧米では広く利用されている賃貸管理術ですが、近年は日本国内でも広まりつつあります。リロケーションが多くの人に選ばれつつあるのは以下のような理由があるためです。まず1つ目の理由が家賃収入が得られるというメリットです。自宅を空き家のままにしておいても収入は何も得られませんが、賃貸物件として貸し出せば定期的な収入が得られます。自宅にローンが残っている場合は、その返済に充てられるのもリロケーションが人気の理由です。2つ目のリロケーションが人々に選ばれる理由が、賃貸契約の期間を終えれば再び自宅に戻れるという点です。入居者と大家は定期借家契約を交わしますが、この契約は満了時に契約更新を行わないため、大家は転勤などを終えたときに再び自宅で暮らせます。そして3つ目の理由が間に賃貸管理会社が入って管理業務を行ってくれるためです。借主からのクレーム対応や近隣住民とのトラブルといった面倒事に大家は関わらずに済みます。賃貸経営に不慣れな素人でも、安心して物件を貸し出せるのはリロケーションが普及している理由の1つになっています。最後の4つ目の理由が、自宅の劣化を抑えて防犯面でも安心できるためです。空き家を放置すると換気も悪くなるため、カビや虫害なども生じて建物が早く劣化します。また空き巣などの防犯上の問題もありますが、リロケーションによって借主に住んでもらうことで、それらの不安も払拭できます。