賃貸管理をスマートにするコツ|人手不足も解消

家賃の債務不履行への対応

紙幣

連帯保証人とは異なる

家賃の未納などのように家賃に関連する債務不履行に対して保証を行うのが家賃債務保証です。一般的に入居者は連帯保証人を立てることによって、家賃を納入できなくなったときにオーナーが家賃を請求できる先を確保します。それによって得られた信用を基にして物件を借りるというのが原則になっているでしょう。その代わりに家賃債務保証を利用してオーナーは家賃を保証会社に請求できるという形を取ることができます。家賃に関して連帯保証人と同じような役割を保証会社が果たしてくれることにより、オーナーが安心して物件を貸せるようになる仕組みといえるでしょう。ただし、気をつけておかなければならないのは連帯保証人と家賃債務保証は同じ性質のものではないということです。家賃債務保証はあくまで家賃に関わる債務不履行に対してのみ適用することができるものであり、その周辺事項については必ずしも対応してくれるわけではありません。連帯保証人の場合には借主と同等の責任を負うことになるため、家賃だけでなく騒音トラブルなどの発生時に対応する責任も発生します。そのような内容については保証会社が保証内容に含めているかどうかで決まるため、対応してくれる内容については確認した上で契約することが大切です。また、家賃債務保証には比較的短い免責期間が定められていることにも注意しましょう。その期間内に請求を行わなければ保証の対象外になってしまって家賃を手に入れられなくなる可能性があります。